調停者

当センターの調停者を務めるのは、以下の3つのうち、いずれかの資格を有する者です。調停者資格は、ADRを管轄する法務省により厳格に規定を求められますので、高い専門性をお約束できます。

1弁護士
2家庭裁判所調査官として5年以上の勤務実績を有する者

3家事調停委員として3年以上の勤務実績を有し、一定件数の実績を有する者

しかしながら、上記の資格はあくまで基礎的なものです。当センターでは専門家の指導の下、当事者双方のお声を引き出しつつ、話合いの道筋を作っていけるよう、日々研鑽しております。調停者は、中立の立場でありながら、当事者双方の「味方」でもありたいと考えています。

調停者資格:弁護士

氏名 安齋瑠美(あんざいるみ)
所属 大塚孝子法律事務所
ひとこと

弁護士登録以来約10年、家事事件に携わってきました。離婚事件では、自分にとってより良い条件を勝ち取ろうと争う姿勢で臨むのではなく、お互いにとって、またお子さんにとって、何が一番ベストかを探り、見つけようとする姿勢で臨むことが、より良い解決に結びつくものだと感じています。ADR調停で、皆さんと共にベストな解決策を見つけ出したいと思います。


氏名 枝廣恭子(えだひろゆきこ)  
所属 虎ノ門第一法律事務所
ひとこと 日頃より、弁護士として家事事件に多く携わっておりますが、離婚事件では、ときにはご本人同士が話し合うことでこそ、迅速に、ご本人に適した結論に至れると感じております。ADR調停を利用することで、皆さまそれぞれが、ご自分にとって最善の解決方法を見つけられるよう、お力添えできればと思います。

氏名 上條辰徳(かみじょうたつのり)
所属 多摩桜みち法律事務所
ひとこと これまで数多く家事事件に携わらせていただき、離婚事件においては当事者のお話を聞くことが何より重要であると強く認識しております。 そこで、ADRでは当事者のお話をよく伺ったうえで、当事者が納得できかつ前向きな解決が図れるよう努めてまいります。

氏名 工藤温子(くどうあつこ)
所属 ロイヤーコーチング法律事務所
ひとこと ご家族やパートナーシップにはそれぞれ異なる形があり、家事事件では特に、法律問題よりもみなさまのお気持ちのほうが大事な場面が多いと感じます。対話を通して、ご自分らしい幸せな生き方を進むことをサポートできればと思います。

氏名 白井可菜子(しらいかなこ)
所属 法律事務所アルシエン
ひとこと 子供の笑顔を守る、前向きな離婚のお手伝いをしたいと思い、弁護士業務でも、離婚等の家庭問題、男女問題を専門に扱っています。皆様が前向きな未来への一歩を踏み出せるように、お気持ちに寄り添い、柔軟な視点で解決のお手伝いをしたいと思っています。(著書:「弁護士が語る我が子の笑顔を守る離婚マニュアル」啓文社書房)

氏名 丹羽有紀(にわゆき)
所属 弁護士法人 興和法律事務所
ひとこと 家庭裁判所調査官から弁護士になりました。家庭の問題は、法律だけで割り切れるものではなく、ADR調停の大きなメリットは、お互いにお気持ちをきちんと伝えてお話合いができるところにあると感じています。調停者として、より良い解決をご一緒に探していければと願っています。

氏名 福島宏美(ふくしまひろみ)
所属 旭合同法律事務所
ひとこと

はじめまして、愛知県内で弁護士をしております。愛知県内での調停の実施や、Zoomでの実施に携わらせていただいております。調停者として、法律的なお話もさせていただきながら、当事者の方々のお気持ちや生活状況に合わせた解決ができるように、お手伝いをさせて頂きますので、よろしくお願い致します。(イラストは福島先生の自作です!)


氏名 渡邊未来子(わたなべみきこ)
所属 ロイヤーコーチング法律事務所
ひとこと これまで、家庭裁判所における調停の代理人を多く務めてまいりましたが、ADR調停には、臨機応変に行える柔軟な手続、より迅速な解決等、裁判所における調停とは違う魅力と可能性があります。新たな制度を通じて、皆様のより良い解決のお手伝いができればと思っております。(保有資格:保育士、チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラー)

調停者資格:家庭裁判所調査官経験者

氏名 荒木直彦(あらきなおひこ)
勤務年数 38年
ひとこと 家庭裁判所ではたくさんの家族や子どもに出会ってきました。夫婦が「離婚」を考えるということは、子どもを含めた家族一人一人の人生にかかわる重い問題です。ADR調停によって納得いくまで話し合い、家族それぞれが新たな人生に踏み出せるような解決を、ご一緒に考えながら目指したいと思います。(「パパ講座」を担当)

氏名 小泉道子(こいずみみちこ)
勤務年数 15年
ひとこと 離婚問題は、その人を根幹から揺るがしかねない人生の一大事ですが、人生の新しい始まりでもあります。一時の感情に押しつぶされず、未来の幸せを見据えた納得のいく協議ができるよう、お手伝いできればと思います。(保有資格:臨床心理士、行政書士)

調停者資格:家事調停委員経験者

当センターには、経験豊富な家事調停委員経験者3名(男性2名、女性1名)が調停者としてみなさんのお話合いをお手伝いしています。