面会交流

面会交流ができない(中断する)原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

子どもと離れて住む親(別居親)が、子どもと会うことを面会交流といいます。離婚後に限らず、離婚する前の別居状態のときでも取り決めることができます。

面会交流の基本情報については以下のコラムをご参照ください。
面会交流実施マニュアル

面会交流は、子どもにとって、別居親の愛情を感じるかけがえのない時間です。また、別居親にとっても、子どもの成長を感じたり、育児にたずさわる大切な機会です。しかし、様々な理由で面会交流が困難な場面が出てきます。

今回は、面会交流ができない理由やそうならないための対策をお伝えしたいと思います。

面会交流がうまくいかない理由

同居親側の理由

同居親の腹いせ・処罰的な拒否

例えば、離婚原因が別居親の浮気だったとしましょう。同居親としては、自分と子どもを捨て、別の異性を選んだ同居親を簡単に許すことはできません。そのため、自ら捨てておきながら、子どもと会いたいなんて虫が良すぎる、そんな人に子どもは会わせない、ということになります。

浮気のほかにも、もっぱら離婚理由が別居親にあったり、同居親が渋々離婚に応じるような場合も同様です。慰謝料や財産分与という金銭面の条件では満たされない被害感や処罰感情があるのです。そのため、「あなたのせいで離婚に至ったのだから、子どもに会えないのは自業自得でしょ」といった具合に面会交流の拒否に繋がります。

知識不足

離婚をしたら、別居親と子どもの関係は途切れるという認識を持っている同居親がいます。特に、子どもの年齢が小さい場合、子どもが別居親の記憶を保っていられないため、最初から存在しなかったものとして扱われてしまうこともあります。

こういったことは、親の知識不足によって起こります。親が離婚をしても両方の親と会えることが子どもの幸せにつながるという認識を父母双方が持つ必要があります。

子どもと同居親の同一化(囲い込み)

日本人にとって、弱者である子どもは守るべき存在であり、庇護する対象です。そのため、やもすると、子どもも一人の人間であり、権利の主体であることを忘れがちです。そして、子どもは自分と異なる一つの人格であるという意識が薄れ、自分と同一化してしまう傾向にあります。

その結果、同居親は、自分は別居親に会いたくないのだから、きっと子どもも同じ気持ちだろうと思ってしまったりするのです。

また、少し行き過ぎた表現かもしれませんが、同居親が子どもを自分の所有物のように考えたり、自分の意思で自由にできる存在として囲い込んでしまうこともあります。

住所秘匿

同居親が現住所を別居親に知られたくない場合、面会交流に拒否的になりがちです。なぜなら、子どもの年齢が幼い場合、子どもの口から住所をはじめ、諸々の秘密が知られてしまいかねないからです。

住所を隠すということは、厳密に言うと、どこの学校に通っているのか、最寄り駅はどこか、よく行く公園やスーパーはどこか、といった生活圏が想像できる情報全てを隠すということです。

しかし、年齢の小さい子どもにとって、こういった情報に関する質問を敏感に察知し、答えないようにするというのは難しいのです。

また、面会に際して、子どもを受け渡す場所についても、自宅や最寄駅での受け渡しができず、同居親の負担が増すことになります。

そのため、そういったリスクを負い、遠方まで送っていく手間をかけてまで面会交流に応じなければいけないのか、という拒否的な感情がわいてきます。

別居親側の理由

DV、モラハラ等

別居親側にDVやモラハラがあった場合、面会交流が困難になります。法律上、夫婦間のDVと面会交流は分けて考えられますので、DVがあったからといって子どもと面会交流ができないわけではありません。

しかし、同居親にしてみれば、DVやモラハラから逃れるために離婚するわけです。そのため、多少なりとも父母間の交流が必要な面会交流に対しては、消極的にならざるを得ないのです。

子どもが小さい場合、親同士の受渡しが必須ですが、DV被害者の中には、直接顔を見ることはもとより、近くに気配を感じるだけで動悸がするという人もいます。

また、DVではなかったとしても、モラハラを受けていた人の思考も同じです。相手に対する嫌悪感や恐怖心が強く、面会交流に前向きになるのが難しかったりします。

面会交流中の問題行動

面会交流中の別居親の言動が原因で面会交流ができなくなってしまうことがあります。例えば、以下のような問題行動が考えられます。

・子どもに害がある形での飲酒や喫煙
・別居親の不注意で子どもが怪我
・子どもに同居親の悪口を言う
・子どもから同居親のことを聞き出そうとする
・一緒に住もう、などと子どもに言う
・遅刻が多い
・予め決めたルールを破る

養育費を支払っていない

別居親が養育費を支払っていない場合、同居親としては、「養育費も支払ってないくせに親として子どもに会う権利はない。」ということになります。

本来、養育費の支払いと面会交流は別の話です。しかし、心情的には「養育費を受け取っていないから、面会はさせなくてもいい。」と考えがちです。

別居親の真意が別にある

本来、別居親が面会交流を希望するのは、子どもに会いたいという気持ちからです。しかし、同居親に対する嫌がらせという意味合いが強かったり、養育費を減らすための口実(「会わせないなら払わない。」と言いたい。)だったり、はたまた同居親と関係を継続するための手段として使われることがあります。

このような場合、「会いたい」という気持ちが同居親に伝わらなかったり、これまでの言動と完全に不一致であるため、同居親としては「???」となり、面会交流に消極的な反応をしてしまったりします。

同居中、子育てに関与していなかった

同居生活中、別居親があまり育児に協力的でなかった場合、面会交流を拒否されがちです。同居親にしてみれば、一緒に住んでいながら面倒を見なかった子どもに対し、何を今さら交流を求めてくるのか、という気持ちになったりします。

また、子どもの年齢が低い場合、お世話に慣れていない別居親に託すことが心配にもなります。

子どもの拒否

子どもは両方の親に良い感情を持っていることが基本ですが、以下のような事情がある場合、子どもが面会交流を拒否したり、面会交流に乗り気でなかったりします。

別居親による虐待

同居中に別居親による子どもの虐待があった場合、当たり前ですが、子どもは自分を傷付けるような親に会いたいとは思いません。

同居親への気兼ね

子ども自身は別居親に会いたい気持ちがあるけれど、同居親に遠慮して会いたいと言えないことがあります。同居親が「会ってほしくない」と明言していなかったとしても、子どもは敏感に感じ取るものです。

多忙

子どもの年齢が高くなってくると、親との時間より、友人との時間や勉強や部活動にさく時間の方が大切になってきます。そのため、特に別居親が嫌いなわけではないけれど、他のことに時間を優先的に使いたいという理由で拒否につながることがあります。

思春期

思春期の娘と父親との微妙な関係を想像してみてください。「うざい」とか「くさい」とか、父親を毛嫌いする子もいるかもしれませんし、そこまで積極的に嫌わなかったとしても、何となく気まずいとか、会話が少ない、といった親子もいるのではないでしょうか。

同居中の親子であったとしてもそうなのですから、別居していたり、しばらく会っていなかったとすると、関係は余計にこじれてしまいがちです。

そんな親と会うことは、思春期の子どもにとって面倒に感じられ、拒否につながることがあります。

面会交流を実施・継続するための工夫

同居親ができること

自分と子どもを切り離して考える

同居親にとって、元配偶者にはマイナスの感情しかなく、そんな相手を喜ばせるようなことはしたくないのが本心だと思います。

また、嬉しそうに別居親に会いにいく子ども見ると、何となく腹立たしかったり、子どもにまで裏切られたような気がしてしまったりします。

そんなときは、自分と子どもは別人格であり、子どもには子どもの喜びや悲しみがあり、自分のそれとは違って当たり前だということを意識しましょう。

そうすることで、自分が別居親にマイナスの感情を抱いていることと、子どもは別居親に会いたいと思っていることの両方を自然に受け入れることができるようになります。

自分のメリットを探す

面会交流は子どもにとってプラスの要素がたくさんありますが、「子どものため」を強調しすぎると、自分が苦しくなったり、心に葛藤が起こったりします。そのため、あまり「子どものため」と考えすぎず、自分にとってのメリットも考えてみましょう。

例えば、子どもが別居親に会っている間、自由時間ができます。宿泊の面会交流であれば、その間に友人と旅行に出かけることもできます。残業も夜遊びも可能です。

また、面会交流で遊園地に連れて行ってくれたり、おいしい食事を食べさせてもらったりすれば、自分がそういったことをする回数が減るので、養育費の増額のようなものです。

以下のコラムもご参照ください。
会わせて得する面会交流

面会交流第三者支援機関の利用

面会交流のための日程調整がストレスだったり、子どもの受渡しの際に相手の顔を見るのがどうしても嫌な場合、第三者の力を借りることもできます。

第三者機関の援助の種類は大きく分けて以下の3種類です。

・日程調整型
・受渡型(子どもの受渡時のみ支援)
・付添型(面会交流中の付添い)

それぞれのニーズに応じて使い分けることができますし、まずは利用してみて、軌道に乗ってきたら父母のみで実施するという使い方もあります。

第三者機関の情報については、こちらのマップ(外部サイト)及び以下のコラムをご覧ください。

面会交流第三者支援機関のご紹介

子どもが気楽に面会交流するための援助

別居親による虐待等がない限り、本来、面会交流は子どもにとって楽しいものです(少なくとも、拒否の対象ではないはずです。)。子どもが子どもらしく面会交流を楽しめるよう、どんな工夫ができるでしょうか。

まずは、ごく簡単な基本として、以下のことを心にとめておきましょう。

・笑顔で送りだす
・帰宅後、面会の内容を根ほり葉ほり聞かない

子どもは、知らず知らずのうちに、同居親の気持ちを察したり、同調したりといったことを繰り返しています。そのため、同居親が笑顔で送り出し、いつもと同じ迎え入れをしてくれるだけで、「面会交流を楽しむことが許されているんだな」と感じることができます。

別居親ができること

同居親のストレスをなくす

面会交流は、同居親の協力なしには成り立ちません。特に、子どもの年齢が小さい場合、自由に子どもと連絡をとることもできず、必ず、同居親を経由する必要があります。

不仲だからこそ離婚するわけですから、少なからず双方のコミュニケーションにはストレスが介在します。しかし、そのストレスが大きすぎると、同居親は面会交流に消極的になってしまいます。

同居当時の争いや葛藤は横に置いておいて、冷静で控えめなコミュニケーションを心掛けましょう。

面会交流のルールを守る

別居親にしてみれば、自分だって親なのだから、同居親に制限されずに自由に会いたいという気持ちになります。しかし、同居親の気持ちを慮ることができなければ、面会交流は長続きしません。

面会交流のルールを守ることは当たり前ですが、ルールになかったとしても以下のようなことはやめておきましょう。

・子どもの写真を撮ってSNSにアップする
・高額なプレゼント、度々のプレゼント
・許可なく親族を同席させる
・翌日に響くような過密スケジュールの面会交流

ここに挙げたのはあくまで例ですが、同居親の嫌がりそうなことやもめごとになりそうなことを避けることで、円滑な面会交流が長続きします。

子どもが純粋に楽しめる面会交流にする

面会交流が円滑に実施される一番のポイントは、子どもが純粋に楽しめているかどうかです。そのため、楽しい雰囲気より教育的指導を優先させたり、同居親との生活の様子を聞き出すようなことはやめましょう。

基本は、聞き役に回ることですが、話すのが苦手な子どももいます。そんな場合は別居親自身の話を聞かせてあげてもいいですし、買い物や映画など、あまり話をしなくても成立する面会交流の方法を考えてもいいでしょう。

キャンセルや変更に柔軟に対応する

楽しみにしている面会交流がキャンセルになると、別居親としてはがっかりしますし、「会わせたくないのでは」と疑心暗鬼にもなります。そのため、あらかじめ、「日程の変更を希望する場合は、代替日を提示する」といった約束事を作っておくこともできます。

ただ、年齢の小さい子どもは体調が変わりやすいものですし、急遽子どもの予定が入ることもあります。あまり四角四面にやりすぎると、同居親のプレッシャーになってしまいます。

そのため、例えば月1回程度、と決めているのであれば、1年で10回程度実施できればいいくらいに考えておきましょう。

間接的面会交流の導入を検討

子どもや同居親の拒否的な感情が強い場合、面会交流を無理強いしても事態が好転しないことがほとんどです。

そのような場合、直接会う形での面会交流ではなく、間接的な面会交流にとどめておくという方法もあります。

間接的面会交流5パターン

その上で、再協議時期を定めるなどして、直接会える形での面会交流を目指しましょう。

親の再婚による面会交流の停止

ここまで、面会交流が実施されない事情やその対策について取り上げました。次は、面会交流ができなくなる最大の原因の一つである「再婚」について、取り上げたいと思います。

同居親の再婚による中断

再婚家庭の優先

同居親は、自分が再婚すると、子どもに早く新しい家庭に慣れてほしいと考えます。その場合、子どもが別居親に会いに行くことは、新しい家庭への適応にマイナスと考えられ、面会交流拒否に繋がります。

同居親の再婚相手への気兼ね

同居親自身は子どもと別居親の関係に肯定的でも、再婚相手に気兼ねをしてしまうことがあります。子どもが別居親に会いにいくことや、まだ元配偶者と連絡を取っていることに対し、再婚相手は良く思っていないのではないかと心配になるのです。

実際に、再婚相手から「あまり会わせないでほしい」と言われることもありますし、子どもとの関係構築に頑張ってくれている再婚相手を見て、同居親が自ら面会交流を制限することもあります。

子どもの気兼ね

同居親の再婚は、子どもにとってデリケートな問題です。そのため、以下のような感情を抱くことがあります。

・自分ひとりだけ会いにいくのが嫌だ
・面会交流から帰ってくると気まずい
・お父さん(お母さん)が二人になって戸惑う

こういった気持ちを抱えたままだと、面会交流が楽しくなくなってしまい、結果として面会交流の拒否に繋がることがあります。

以前、こんなお子さんがいました。「最初は、〇〇にはパパが2人いるんだよ、と言われて嬉しかった。でも、今は、1人の方がいいって思ってる。2人いるとややこしいし、変だよ。だって、2人のお父さんから生まれる子なんていないでしょ。」と言うのです。

「〇〇ちゃんは、パパが2人いていいね。」なんて、ついつい使ってしまいがちな慰め言葉です。しかし、当の子どもにしてみれば、そんなことは望んでいなくて、「2人もパパ(ママ)がいていいね。」という言葉は、「子どもは幸せなはずだ」と思いたい親の思いこみかもしれません。

別居親の再婚による中断

同居親の嫉妬による中断

離婚理由が別居親にあったり、同居親は渋々の離婚だったりすると、別居親の再婚は同居親の反感や嫉妬をかうことになります。

「自分たちを捨てておいて、新しい家族を作るなんて許せない」という気持ちになり、面会交流の拒否につながることがあります。

別居親の気持ちが離れる

離婚の際、もう会えなくなるのではという危機感から、別居親はなるべく多くの面会交流の機会を得ておきたいと考えます。

しかし、日常生活の中で、その気持ちが薄れたり、忙しさに埋没していくことがあります。また、自分が再婚すると、週末は再婚相手と過ごしたくなったり、再婚相手に遠慮する気持ちも出てきます。

そのため、ついつい実子との面会交流がおろそかになったり、キャンセルしがちになったりします。

子どもの拒否

別居親の再婚を肯定的に取る子どももいますが、パパ(ママ)を取られたとか、自分が邪魔ものになってしまうのでは、といった感情を抱く子どももいます。

また、別居親の再婚相手が不用意に面会交流に同行してしまうと、子どもにとって、面会交流が気まずいものになってしまい、「もう行きたくない」と拒否につながることがあります。

親が再婚しても面会交流を継続する方法

最初の取決めの際に再婚を意識しておく

離婚協議の際、双方共に「もう結婚なんて考えられない」という状況が多いため、どちらかが再婚することを想定した話合いにはなりにくいものです。

しかし、十分にあり得る話です。

そのため、どちらかが再婚したとしても、原則的に面会交流は継続することや、子どもに負担をかけないための進め方について、あらかじめ話し合っておくことをお勧めします。

同居親の再婚相手を親扱いすることを子どもに求めない

同居親が再婚する場合、子どもにも「新しい親」として受け入れてほしいという気持ちになります。しかし、そのように、再婚相手を親扱いするところから、子どもの戸惑いや面会交流への気兼ねが始まります。

別居親が唯一の実父(実母)であり、再婚相手はあくまで同居親の配偶者であることを忘れないようにしましょう。

こちらもご参考ください。
ステップファミリー

別居親の再婚相手との面会は慎重に

別居親は、自分が再婚した場合、子どもに再婚相手と仲良くなってほしいと考えがちです。そのため、面会交流に再婚相手(もしくは交際相手の段階から)を連れてきたり、何等かの形で紹介しようとします。

しかし、子どもにとってはデリケートな問題です。別居親の再婚を喜べる子どももいれば、親を取られた、見捨てられるかもしれない、といったマイナスの感情を抱く子どももいます。

再婚を告げることは必要ですが、どのタイミングでどのように説明するのか、慎重に考える必要があります。また、これまで、別居親宅で面会交流を実施している場合(宿泊を伴う場合等は特に)、面会交流の内容自体の変更が必要になる可能性もありますので、子どもの希望を聞き取った上で、同居親とも相談して決めていきましょう。

面会交流でもめた場合の協議方法

父母2人では問題が解決できない場合の第三者を介して協議をする方法をご紹介します。

家庭裁判所の面会交流調停

メリット

家裁の調停で面会交流を協議する最大のメリットは、審判移行制度です。調停を重ねても、結果的に不成立で終わった場合、審判という手続きに移行し、裁判官が決定を出してくれます。

また、もう1つの大きなメリットとして、家裁調査官の役割があります。面会交流の問題は専門性が高く、法律だけでは解決できません。この点、家裁には家庭裁判所調査官という専門職が配置されており、試行的な面会交流に立ち会ったり、子どもから意見を聞くという手続きがあります。

デメリット

家裁の調停は原則的に月に1回程度とされており(それ以上に間隔が空くこともしばしばですが)、最終合意まで時間がかかります。また、どうしたって紛争性も高まります。そのため、時間をかけて話し合っているうちに父母間の葛藤が高まり、最終的に審判で結果が出たとしても、その通りには実施されず、絵に描いた餅で終わってしまうことが懸念されます。

さらに、家裁の調停は原則別席ですので、気持ちやニュアンスが正確に伝わりにくいという問題もあります。

弁護士に依頼する

メリット

相手との直接的なやり取りがとてもストレスフルな場合、自分の味方として間に入ってくれる弁護士がいるというのは心強いものです。また、家裁を利用しなくても、試行的面会交流に弁護士が立ち会ってくれたり、日程調整を弁護士が仲介してくれたりすると、協議が進む可能性があります。

さらに、法的な知識のみではなく、親の離婚を経験する子どもの福祉や心理的な分野に関する知識も豊富な弁護士であれば、とても頼りになるのではないかと思います。

デメリット

弁護士は法的な知識が豊富な専門職ですので、報酬はそれなりにかかります。また、間に弁護士が入ることによって、かえって父母間の葛藤が高まり、協議が困難になる場合もあります。

ADR(民間調停)を利用する

新しい離婚の方法、ADR活用例
ADR(民間調停)、よくある質問

メリット

家裁の調停とは異なり、民間の調停機関ですので、平日夜間や土日の利用が可能だったり、オンライン調停が可能という利便性があります。

そのため、早期解決が見込まれ、法務省の統計によりますと、平均3カ月程度での解決が可能です。

また、家裁と異なり民間の機関であるという点において、父母間の葛藤がいたずらに高まらず、穏やかに話し合えるというメリットもあります。

デメリット

ADRは、民間の機関であるため、多少の費用がかかります。例えば、当センターですと、申立時に1万円(税別)、調停1回につき1万円(税別)です。

また、合意ができかった場合、家裁のように審判に移行する手続きがありません。そのため、協議での合意が難しい場合や父母間の葛藤がとても高い場合は、家裁の利用が適しています。

面会交流に悩むみなさんへ

面会交流は、親の離婚を経験する子どもにとって、喪失感をやわらげ、両方の親から愛されていることを実感できる、大切な機会です。

一方で、面会交流は、離婚する夫婦が連絡を取り合い、子どものために調整をしなければいけないため、ハードルが高いとも言えます。

何か、疑問やお悩みがあれば、是非、当センター主催の無料オンライン講座「パパとママの離婚講座」をご受講ください。きっと、ヒントが隠されていると思います。

パパとママの離婚講座

また、当センターでは、個別のカウンセリングやADR(民間調停)もお受けしております。お一人で悩まず、以下のフォームよりご連絡いただければと思います。

問い合わせ





制度をご説明させていただきますので、ご連絡先の電話番号及びご都合のよろしい時間帯をご記入ください。

[recaptcha]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る