離婚カウンセリング

離婚したくないあなたへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

当センターでは、離婚を合意した夫婦のみではなく、一方は離婚したい、でももう一方は離婚したくない、そんなご夫婦のお話合いを仲裁することも少なくありません。

当センターは、仲裁の機関ですので、「離婚した方がいい」と説得することはありません。ただ、離婚したくないという方に必ず行うのが「情報提供」です。まずは、「離婚するとどうなる」、「離婚したらどうなる」、といった客観的な情報を提供します。その上で、考えて結論を出すのはご本人なのです。

その結論が「離婚する」でも「離婚しない」でもどちらでもいいのです。正しい知識を得た上で後悔しない決断をすることこそが大切なのです。

今回は、「離婚を迫られているけれど、私は離婚したくない!」と考えている妻の立場の方に向けて、いくつかの事例をご紹介したいと思います。

1 私、まだ夫を愛しています

夫:35歳 会社員
妻:32歳 パート勤務

夫婦は結婚7年目。比較的若いころに社内結婚し、結婚を機に妻は退社。ごくごく普通の円満な夫婦生活でした。

しかし、徐々に、子どもに恵まれないことが妻のプレッシャーに。別に夫はそれを責めたりはしません。逆に「まだ若いんだから、焦らなくても大丈夫だよ」と優しい言葉をかけてくれることもあります。

しかし、妻は、子どもができないのは自分のせいだと自己嫌悪に陥り、せめて少しは家庭の役に立つようにとパートに出るようになりました。

夫も、妻が家にこもりきりで、鬱々とした日々を過ごしていることが心配だったため、社会との接点が増えることはよいことだと、パートに出ることに賛成してくれました。

しかし、妻にとって、久しぶりの仕事はそんなに甘いものではありませんでした。テキパキ動けなくて年下のアルバイトに怒られたり、ミスをしてお客さんに怒鳴られたり。元気を出すつもりで働きに出たのに、結局、心身が疲弊するだけの結果になってしまいました。

妻は、夫が帰ってくると、その日あった辛かったこと、不満だったことを夫にぶちまけるようになってきました。最初は優しい気持ちで聞いていた夫も、段々疲れてきてしまいました。

妻があまりにもマイナス思考で、他人の言動を悪く解釈しすぎなところがあったため、

「もう少し楽観的に受け止めてみたら」

「〇〇さんは、悪気があったわけじゃないと思うよ」

などとアドバスをしたこともありました。

しかし、だからといって妻が納得するわけはなく、「私の気持ちを分かってくれていない」と却って話が長くなるため、夫はただ黙ってその場をやり過ごすことだけを考えるようになりました。

そんな日々が続いたある日、夫は、妻に離婚を切り出しました。

もちろん、妻は晴天の霹靂です。

妻は、頭が真っ白になってしまい、夫が何を言っているのか理解できません。泣き叫んだり、「絶対に離婚はしない」と怒鳴ったりするわけではありません。妻は、ただひたすら「なかったこと」にするのです。

離婚を切りだしたその瞬間、妻は、一瞬固まった後、何も言わずに部屋を出ていきました。そして、その夜は、何事もなかったように夕飯の支度をし、「ご飯、できたよ。」と夫に声をかけます。

面食らった夫ですが、数日後、再度意を決して離婚を話題にしました。

しかし、妻は、「その話は今はしたくない」とはぐらかします。

その後も、「もうちょっと落ち着いたときに聞くから」、「今は仕事が忙しいから勘弁して」と話し合いにすら応じてくれません。

それよりも、いつも以上に家事をこなし、まるで円満な夫婦のように振る舞うのです。

その異常とも思える状況に耐えかねた夫は、当センターの相談に訪れました。

夫の言い分は次のような内容です。

「妻のことが嫌いだとか、憎いとか、そんな積極的な理由ではないんです。ただ、もう人間としての魅力を感じないというか・・・。毎日、帰ってくると愚痴ばかり聞かされて、嫌になっちゃうんですよ。このまま一緒に生活していると、自分の気持ちも落ち込んでいきそうで・・。すでに妻を女性としてみることもできないし、夫婦生活もする気になれません。なので、まだお互い若いし、子どももいないので、新しい生き方を探した方がお互いのためだと思って。妻は子どもを望んでいるので、離婚するなら早くしないと、というのはエゴかもしれませんが、でも、妻のためにも再出発は早い方がいいと思っているのは本当です。」

夫は、静かに語りますが、その意志は固そうです。

そして、次のように続けました。

「でも、別に争って離婚したいわけではないんです。僕らには少なくとも7年の結婚生活の歴史がありますし、感謝していることもあります。ただ、今の妻は、現実から逃げているというか、話し合いにすら応じてくれない状況です。そのため、今は家を出るしかないと思っています。その前に、きちんと話し合いをしておきたいんです。」

そんな夫は、ADRによる調停を申し込み、申立書には「夫婦としてはやっていけないと感じている。家を出ることを考えているが、その前に話し合っておきたい」といったことが書かれました。

当センターからの書類が届いた夜、妻から夫に「あの書類は何なの?」と話しかけてきました。

妻が自分から夫婦間の問題に触れたのはこれが初めてでした。

夫としては、それに少し驚きながらも、「読んでもらった通りだよ。家を出ようと思ってるけど、その前にちゃんと話し合っておいた方がいいと思って。」

妻は、「じゃあ、二人で話し合えばいいでしょ。どうして他人を入れる必要があるの?」と。

夫は、これまでもの経緯を踏まえ、二人では話が進展しないこと、妻がADRによる話合いに応じない場合、勝手に家を出るしかないことを冷静に伝えました。

そうしたところ、二日後には妻から応じる旨の回答がセンターにありました。

そして、第一回期日です。

夫は、これまでの心の変化や現時点で考えていることを冷静に話し、離婚を望んでいると主張しました。

それに対し、妻は、夫が語った一つ一つについて、言い訳や事情を説明し始めました。

例えば、「何年かぶりに働きに出て、大変な思いをしている。少しくらい愚痴を聞いてくれてもいいのではないでしょうか。」、「私だって夫を男性として見れなくなっているけれど、ほとんどの夫婦がそんなもんじゃないですか。」といった具合です。

調停者は、少しの間、そういった過去の出来事に関することを話題にした後、再度、夫婦に現時点での気持ちを確認しました。

すると、夫は「離婚の意志は固い、応じてくれなくても家は出る。」、妻は「離婚はしたくない。家も出ていってほしくない」と述べます。

そこで調停者から次のように説明しました。

「今の日本の法律では、双方の合意がないと、協議離婚はできません。調停や裁判といった過程が必要です。一方、別居したいと出ていく人を縄で縛って引き留めることもできません。そのため、お二人の現状ですと、別居中の約束事、具体的には婚姻費用を定めて当面別居ということなります。」

妻は、それでも「私は別居したくありません。」と頑なです。

それを聞いた夫は、少し強い口調で妻に断言しました。

「いくら嫌だと言われても、僕はもう君と同じ家で生活をするつもりはない。愛情もない。ただ、戸籍上の夫婦の関係が続いている間は、最低限の婚姻費用は支払う。」

夫のきつい口調に、妻はついに泣き出してしまいます。

調停者からは、妻に対し、別居を開始してある一定期間が過ぎれば、裁判離婚が認められること、その際の財産分与は原則半分ずつであること、そのため、現時点であれば、「今すぐ離婚に応じてあげるから」ということで自分に有利な条件を提示することも可能なこと等を説明しました。

しかし、妻は、お金の問題ではなく、愛情の問題だと言い、どんなに不利になっても離婚には応じないと言います。

調停者は、妻に対し、このままだと何も決めずに不成立で終了するしかないこと、それは妻にとってもプラスにはならないことを伝え、次回までに別居の方向でその条件を考えてくるよう宿題を出しました。

その後、次回期日において、妻は別居することに合意し、婚姻費用を決めて終了となりました。

夫としては、本当は離婚がしたかったため、別居では不満足でしたが、妻が離婚を決断できる状況にないことを理解し、当面は別居で我慢することにしました。

2 離婚条件の上乗せがあるなら・・・

 

夫:商社マン(50歳)タイ在住
妻:専業主婦(52歳)
長男:大学3年生
長女:高校3年生

夫は、結婚当初から海外駐在を繰り返す生活。妻子も帯同することが多かったのですが、長男が私立高校に入学したのを機に、夫が単身で赴任することに。

年上で気の強い妻の尻に敷かれてきた夫は、久しぶりの単身生活が新鮮で快適に感じられます。

一方で、電話をかけてきては「お金が足りない、早く送金して」と言ってくる妻の存在が疎ましくなってきました。

そもそも、昔から気の強い妻とのけんかが絶えず、お互いに思いやる気持ちなど、とっくのとうにどこかに忘れてきてしまったのです。

そこで、夫は、妻と離婚することを考え始めました。考え始めると、もう離婚したい気持ちを止められなくなり、逆に、帰国しても妻のいる自宅に帰る気がしないのです。

子どももある程度大きくなっています。また、必要な学費などは負担するつもりもあります。ただただ、夫は妻と別れて自由になりたい、そんな気持ちが止められなくなったのです。既に別居状態ではありますが、夫は、とにかく離婚して籍を抜きたいと強く思ったのでした。

そこで、夫は、思い切って妻に離婚したい旨をメールで伝えました。これまで調べた知識を総動員し、離婚条件等についても触れました。

意を決して送信ボタンを押しましたが、妻からは一向に返信がありません。

そこで業を煮やした夫は、妻に電話を掛けました。夫から「メールを見たか」と尋ねてみましたが、妻からは、見たことは見たけれど、今更離婚なんて受け入れられるはずがない、と一蹴されてしまいました。

夫としては、なぜ離婚したいのか、提示した離婚条件は一般的にどうなのか、といったことを伝えたいと思いましたが、聞く耳すら持ってくれません。

そこで、困り果てた夫は、離婚した駐在仲間から当センターの存在を聞き、ADRを申し立てました。

夫は、事前に自分が支払うべき婚姻費用の金額についてもあらかじめ調べていました。

それに比べて、現在渡している生活費は多すぎることもわかっていました。

そのため、申立書には、離婚に応じてくれない場合、婚姻費用を算定表のレベルまで引き下げることを明記しました。一方で、離婚に応じてくれるなら、離婚後も2,3年にわたっては、金銭的援助をする旨も伝えました。

この申立書を読んだ妻の反応は、「怒りと不安」でした。突然にこのような仕打ちをされたことに対する怒りと、今後の生活についての不安です。

妻は、「離婚をするつもりはないし、ADRに応じるつもりもない」旨を記載して、当センターに意向照会書を返信してきました。

妻の意向照会書を受理した当センターでは、相手方に連絡をし、生活費の減額が予想されるが、本当に話合いのニーズがないのかについて確認を行いました。

そうしたところ、妻は、色々と電話口で話した結果、ADRに応じたからといって、離婚しなければならないわけではないことを確認し、最終的には応じる意向に転じました。妻としては、離婚はしたくないけれど、婚姻費用については何とかしてもらう必要があると感じたのでした。

そして迎えた第一回目期日。

妻は、予想通り、離婚はしたくない、生活費は今まで通りほしい、の一点張りです。それに対し、夫は、離婚してほしい、離婚してくれないのなら、算定表上の婚姻費用しか支払わない、最終的には裁判をすると応戦します。

そこで、調停者は、夫には離婚したい理由を、妻には離婚したくない理由をそれぞれ丁寧に聞きました。

妻は、夫の言い分に対し、夫婦関係が悪化したのは自分だけのせいではない、自分も辛い思いをしてきたと反論します。そして、離婚したくない理由としては、今さら見捨てられても、仕事のあてもなく、将来の生活が不安で仕方がないと語られました。

このままでは平行線であるため、ある時点で、調停者は夫に対し、現時点で離婚に応じてくれた場合の離婚の条件と、このまま応じず、別居生活が続いた場合の婚姻費用及び数年後に離婚裁判を行った際に提示する離婚条件について、妻に分かりやすく表にして提示することを提案しました。

夫は、早く決着をつけたい気持ちが強く、また、金銭にはあまりこだわりがありませんでした。まだまだこれから稼ぐことができるわけですし、多少不利な条件になったとしても、気持ちが楽になることを選びたかったのです。そこで、夫は、以下のような条件を提示しました。

<離婚に応じなかった場合>
 婚姻費用:算定表上の金額
 裁判になった際の離婚条件:財産分与は法律通り半分

<離婚に応じた場合>
 扶養的財産分与:5年間に渡って算定表の婚姻費用と同じ金額支払う
 離婚条件:財産分与は7対3で妻に多く分与
 養育費 :算定表+学費全額

これを見た妻は、否が応でも、自分の選ぶべき選択肢が分かってしまいました。

その後、少し時間がかかりましたが、期日を重ねることで、妻の覚悟が決まり、通常よりも妻に手厚い条件で離婚が成立しました。

3 そうは言っても割り切れないの・・・

夫:42歳(会社員)
妻:38歳(パート)
長女:5歳
長男:2歳

夫婦は共働きでしたが、稼ぎの多い夫が大黒柱、パート勤めの妻は子育ての傍ら多少働く程度でした。

夫はモラハラ気味で、ときに「俺の給料で食わしてやっている」、「お前は俺ほど稼げないんだから、せめて子育てはしっかりやれ」といったようなことを言ってきます。

性格は気分屋さんで、機嫌が悪いと何かと怒鳴ったり、切れやすかったりします。妻は、そんな夫に不満を抱くこともありましたが、どこの夫婦もそんなものと自分に言い聞かせていました。

しかし、ある日、夫の浮気が発覚します。しかも、妻が第二子を妊娠していたときからの仲のようでした。妻は、何も考えられなくなり、感情的に夫を問い詰めました。

そうしたところ、夫は簡単に浮気を認め、しかも、離婚してほしいと言うのです。

妻は、どうしていいか分からないまま、「子どもたちのこともあるので、そんなに簡単には決められない」と答えました。浮気しておきながら離婚を迫ってくるなんて、既に夫に対してはマイナスの感情しかありません。

しかし、離婚後、夫が浮気相手と結婚したり、その相手との間に子どもを作ることを考えると、なんだか夫を取られたような気持ちにもなるし、子どもにも申し訳ないように思います。

一方で、既に信頼関係のない夫と家族でいることの意味も感じられず、ずっと夫婦でいられる気は全くしません。

一人では決めかねること、そして、離婚するとしても、子どもたちを守る離婚条件を決めなければならないと思ったことから、妻は、当センターに申立てをしました。

そして、話合いの経過の中で、妻は、夫に対し、子どもたちのためにやり直す気持ちはないのか、離婚した場合、子どもたちの父親としてどのように責任を持つのか、そういった疑問をぶつけました。

結果、夫から何一つ前向きな回答は得られず、妻はとてもみじめ気持ちを味わいました。そして、調停者に対し、「一体、どうすればいいのか分からないと」と心情を吐露しました。

そこで、調停者からは、次のような情報提供をしました。

このまま別居が継続した場合、養育費より高額な婚姻費用がもらえること、
夫は有責配偶者であるため、相当長い間別居しなければ裁判離婚が認められないこと、
逆に、別居期間が相当長くなれば、夫からの裁判離婚が認められ、その際の財産分与は半分、慰謝料は思っているほど高くないこと、

などです。

一方、離婚となれば、有責配偶者であり離婚を望んでいる夫に対し、ある程度の条件面の上乗せは可能性があること、また、当たり前ながら、再婚という選択肢もあることも伝えました。

そして、最終期日。

妻が下した結論は、「当面は別居、でも、少し経ってから離婚を考える。」でした。妻曰く、どうしてもすぐに気持ちを切り替えることができず、自分が離婚した後、夫がすぐに不倫相手と再婚するかもしれないと考えると、どうしても離婚に応じる気持ちになれなかったといいます。

一方で、既に浮気相手と同居している夫にいつまでもしがみつき、最後の最後に最低レベルの離婚条件で裁判離婚になるのもバカバカしい、そもそも再婚して幸せになる希望も捨てたくない、ということなのです。

そのため、当面別居として、再協議時期を2年先として、ADRによる調停は終了しました。

しかし、その半年後、今度は妻から当センターへの申立てがありました。妻は、もう気持ちの整理がついたので、後はよい条件で離婚したいというのです。2年は待たなければならないと思っていた夫にとっても願ったりかなったりです。

4 まとめ

ここまで、いくつかの「離婚したくない妻」が出した結論を見ていただきましたが、これはあくまで例であり、もっと様々な結論の出し方や納得の仕方があるように思います。

繰り返しになりますが、あくまで、離婚するか否かはご本人にしか決断ができません。

しかし、その決断の前提として、正しい情報の提供と落ち着いた話合いの場が必要です。

もしお悩みの方がおられましたら、気軽にご相談いただければと思います。

問い合わせ

お問い合わせは以下のフォームより

[recaptcha]