内容証明郵便サポート(作成・添削)

   内容証明郵便とは
内容証明郵便は、差出した文書を郵便局が保管するサービスです。同じ文書を3通用意し、一通を郵便局が、残りを差出人と受取人がそれぞれ保管することになります。離婚の場合だけでなく、クーリングオフ関係や損害賠償請求など、何か重要な内容の文書を作成した場合に利用されます。大抵は、配達証明も一緒に利用しますので、「いつ、だれが、だれに、どんな内容」の手紙を出したのかが分かるようになっています。

内容証明郵便は、一行の文字数などある程度書式が決まっています。また、書くべき内容や書き方を間違ってしまうと効果が半減してしまいます。そのため、単なる「手紙」とは違い、専門家に依頼することをおすすめします。

   内容証明郵便のメリット
言った、言わないの水掛け論を防止
内容証明郵便を配達証明付きで送付しておけば「いつ、だれが、だれに、どんな内容」の手紙を出したのかが残ります。そのため、言った言わないの水掛け論を防止することができます。
心理的圧力をかけられる
内容証明郵便は、法的拘束力はありませんが、お相手に対して、本気であることを示したり、プレッシャーを与えたりという心理的効果が期待できます。そのため、相手が何を言っても知らんぷりを決め込んでいる場合や、無視されたりはぐらかされたりする場合は、内容証明郵便を活用することがお勧めです。

   こんな方におすすめ
別居理由を明確化しておきたい
夫婦には同居義務がありますので、勝手に家を出ていった場合などは、相手から「同居義務違反だ」と言われてしまいかねません。そのような場合を見越して、「〇〇の事情により」とか、「〇〇に耐えかねて」といったように、仕方なく別居に至った理由を記載しておくという方法があります。
離婚条件について話し合うきっかけを作りたい
あなたが離婚意思を伝えたとしても、お相手が離婚意思を持っていなかったり、引き延ばしいたいと考えている場合、具体的な離婚条件についての話し合いには応じてくれないことがあります。内容証明を一通送ったからといって、すべての問題が解決するということは期待できませんが、あなたが望む離婚条件を明確な形で伝えることや、期限内にその条件について回答しなければ次のステップ(調停など)に進むことなどを相手に伝えることができます。
不貞相手に慰謝料を請求したい
配偶者の不貞相手に慰謝料を求めたい場合も内容証明を利用することができます。配偶者と違い、その不貞相手ともなれば、顔を合わせたり、話合ったりしたくないという人が多かったりします。また、腹を割って話し合うというより、やったことの責任の重大さを感じてもらいたいとか、その責任を取ってもらいたいという気持ちがあったりします。そのため、相手と協議をするというよりは、金額を明記して「突き付ける」という形を取る人が多いように思います。
面会交流を請求したい
会交流を求めたい場合も、意外と内容証明郵便が効果的です。というのも、離婚条件の中でも、金銭的なことに比べて面会交流の位置付けが低かったり、インパクトが少なかったりします。会いたい方の親にとっては、とても切実な問題なのですが、一緒に暮らしている方の親にとっては、子どもと会うことなど日常的なことでしかなく、緊急性が感じられないからです。そのため、内容証明にて、どんな風に会いたいかとか、その返事をいつまでにもらいたい(返事がなければ調停を申し立てる)といったことを記載して、相手に本気度を伝えることが大切です。
養育費を請求したい
とにかく早く離婚したかったため、何も決めずに離婚してしまったという方、最初は養育費なんてなくても何とかなると思っていたけど、事情が変わったという方は、離婚後でも、内容証明郵便にて養育費を請求することが可能です。養育費は、最終的には「算定表」という基準に則って決めていくことになります。また、決めるにあたって考慮しなければいけないことも比較的シンプルです。そのため、根拠を示した上で、選定表上の金額を請求すれば、調停をせずとも支払いにつながることが多いようです。


   離婚テラスの内容証明郵便サービスの特徴


カウンセリング付き 
効果的な内容証明郵便を作成するためには、十分なカウンセリングが必要です。また、あなたのつらい気持ちや悩みも受け止めます。カウンセリングが終了する頃には、少し心が軽くなっていると思います。
豊富な知識と経験を活かし、問題解決を促す内容証明郵便を作成
内容証明郵便は、相手を脅すことが目的ではありません。型にはまった定型文ではなく、相手が受け入れやすく、穏やかな着地を目指した文書を作成します。
提携先弁護士を紹介  
残念ながら内容証明郵便を送付しても目的を達しなかった場合、そこからの交渉は弁護士さんのお仕事になります。ご希望があれば、離婚を専門に扱っている提携先法律事務所をご紹介いたします。


   ニーズに合わせてお選びいただける2プラン(作成・添削)
   シンプル  記載内容が1種類のみ  

費用 1万5千円
記載できる内容  1種類
契約期間 1か月
相談 メール相談可。(電話/対面を希望の方は別途受け付けます。)

   スタンダード  記載項目が複数以上

費用 3万円~
記載できる内容 制限なし
契約期間 1か月
相談 1時間のカウンセリング(電話もしくはメールでも対応可)

お問い合わせやお申込は下記フォームよりお願いいたします。問い合わせ