離婚弁護士

離婚に強い弁護士の探し方と選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく、弊社離婚テラスに相談に来られた方から「いい弁護士さんいませんか?」と聞かれることがあります。そういうときは、提携先の弁護士事務所や知り合いの先生の中から、その方の性格やニーズに合った先生をご紹介するようにしています。というのも、「いい弁護士さん」は依頼する人の性格やニーズによって大きく変わってくるからです。

とにかくゆっくり気持ちを聞いてもらいたいタイプの人、決めるのが苦手だからぐいぐい引っ張ってほしいタイプの人、物事をクールに見る人、とにかく経済面を重視する人、本当にさまざまです。

今回は、ご自身で納得のいく弁護士を探す方法をみなさんにお伝えしたいと思います。

そもそも弁護士を依頼すべきかどうかお悩みの方はこちらを先に読んでみてください。どういう場合に弁護士に依頼すべきかを書いています。

離婚に弁護士は必要か!?

   1 どうやって弁護士を探すか

1-1 他の案件で依頼したことがある弁護士

「親の相続の際にお世話になった」、「借金問題で相談に行ったことがある」など、離婚とは別の件で依頼したことがある弁護士に相談に行くというパターンはとても多いのではないでしょうか。既に知っている弁護士さんだと気も楽ですし、その人の仕事の仕方や能力なども何となく分かっているのではないでしょうか。そもそも、弁護士事務所に法律相談に行くというのは、「こんなこと相談していいのかな。」「何だか敷居が高いな」と感じる方も多いと思いますので、会ったことのある弁護士さんというのは、それだけで大きな安心感や信頼感につながることでしょう。

ただ、問題は、その弁護士さんが離婚案件をどのくらい受任しているかということです。弁護士であれば、すべての事件をカバーできると思っている方は大間違いです。弁護士によって、フィールドは全然違います。ですので、刑事専門の弁護士に離婚を依頼しても、何だかちぐはぐな結果になってしまうということになります。

以前お世話になった弁護士に依頼する場合は、その弁護士の専門を調べてからにしましょう。

1-2 知り合いの紹介や会社の顧問弁護士

このパターンもよくあると思います。過去に法学部だった友人に弁護士を紹介してもらったり、会社の顧問弁護士に相談したり、というパターンです。この場合、紹介者のメンツもありますし、会社の顧問という立場もありますので、弁護士に丁寧に仕事をしてもらえる可能性が高いのがメリットです。

しかし、先ほど書いたように、その弁護士がどれだけ離婚事件に精通しているかどうかは要注意です。

1-3 ネットで検索

最近は「まずはネット検索」ですから、ネットで「離婚 弁護士」とか「離婚 専門 法律事務所」なんて入力して検索する人も多いかと思います。また、弁護士ドットコムやその類似のサイトでも、離婚に強い弁護士に特化して検索することができます。

しかし、要注意なのは、「離婚に強い」とうたっているからといって、本当に離婚に強いかどうかは分からないということです。

例えば、弁護士ドットコムを例にとると、弁護士が登録をする際、専門分野を何にするか、いくつ専門分野を選ぶかは弁護士自身が決めるシステムになっています。そして、登録料として、1分野いくら、何分野以上は割安、といったように、かなりビジネスライクに作られています。なので、実際に離婚分野に強くなくても、「ユーザーが離婚分野で検索したときに自分の名前があがってくるようにしたい。」という弁護士は、登録できるのです。

そして、弁護士ドットコムを使ってみたことがある人は良く分かると思いますが、とにかくすごい数の弁護士さんが登録しています。その中からネット情報だけで絞り込んでいくのはかなり難しいでしょう。

ですので、ネット検索する場合は、「離婚に強い」かどうかの判断ではなく、「離婚案件を積極的に受けるつもりがあるかどうか」程度の判断のつもりで検索した方がいいかもしれません。そして、その中から立地等を考えて、複数の事務所に実際に足を運んでみるのがいいでしょう。

1-4 離婚本の著者から

実は、この方法が一番確実ではないかと思っています。まず、当たり前ですが、著書を出そうとすると、相当の知識と労力が必要ですので、専門分野以外の本を出しているということはほぼありません。また、その内容を読めば、その弁護士の離婚案件への取り組み方、考え方などがよく分かるものです。

ですので、少し古典的に思えるかもしれませんが、実際に気になる離婚本を何冊か読んでみるのがおすすめです。そうすれば、離婚そのものに関する知識も身に付きますし、考え方や方針が自分に合う著者を選ぶことができます。本に書かれている知識は、やはりネット上の情報に比べて良質なものが多いですし、一石二鳥です。

   2 法律相談は行った方がいい?

2-1 とにかく早く法律相談

いまや、様々なかたちで法律相談に応じる弁護士事務所が増えています。実際に面談するのではなく、電話やメールで法律相談を行ってくれるのです。
みなさん、「小さい子どもがいて、日中は落ち着いて話せる時間がない。」「平日は仕事が休めない」「家を空けると夫に怪しまれる」など、いろんな事情がありますので、面談での相談が難しい方にとっては、電話やメールはとても便利なシステムです。

もちろん、実際に事務所に足を運んで面談形式で法律相談を受ける方が、事務所の雰囲気が分かったり、担当弁護士の表情や態度も見ることができますので、得られる情報が多くなります。しかし、なかなか時間を作れず法律相談の時期が遅くなるようであれば、早期に電話やメールで相談をしておいた方がいいでしょう(できれば電話がおすすめです)。

2-2 複数の事務所に出向いて比べる

少し面倒ですが、できれば複数の事務所に出向いてみてください。最初の事務所で「ここで間違いない!」と確信が持てればそれで問題ないのですが、ほとんどの人は弁護士の対応や人となりに疑問を感じたとしても、「弁護士ってこんなものなのかなぁ」と自分を納得させよとしてしまうものです。何事も比べるのが大切です。確信が持てない場合は、複数の事務所に足を運びましょう。

   3 いい離婚弁護士を見分けるポイント

3-1 話を真剣に聞いてくれるか

あたなが深刻な悩みを話しているのに、何だか真剣に話を聞いてもらっていないと感じる場合は、その弁護士さんに依頼するのはやめましょう。弁護士の中には、「お金になるかどうか」がとても大きな判断基準となっている人がいます。そういう弁護士は、あなたの悩みに寄り添い、あなたの幸せのために問題を解決するという姿勢ではなく、この案件はお金になりそうかどうか、成功報酬はいくらになりそうか、といった観点で話を聞いているのです。

あなたの話を親身になって聞いてくれる弁護士を選びましょう。

3-2 やたらと離婚だけを勧めてこないか

離婚の法律相談に足を運ぶ際、既に離婚を決意している場合もあれば、まだ迷いがある場合もあると思います。その迷いの解決に必要な離婚条件等を質問しに法律相談を訪れる人も多いでしょう。また、中には、どう考えても今は離婚のタイミングではない人や、本心では離婚をしたくないと思っている人もいるものです。そういった色んな状態にある相談者の話を聞き、的確なアドバイスをするのが弁護士の役割です。しかし、仕事ほしさに、やたらと離婚をすすめてくる弁護士もいます。

そうではなく、「今は離婚のタイミングではない。」、「あなた、本当は離婚したくないんじゃないの?」等と言ってくれる弁護士に相談しましょう。

3-3 できることとできないことを明確に説明してくれるか

離婚には、いろんな条件が付随してきます。これを読んでくださっているみなさんにも、「親権が取りたい」「慰謝料をもらいたい」など、いろいろな希望があると思います。それらの条件に対して、「やってみないと分からない。」とか「正式に依頼を受けてからの検討になります。」などと言って、明確に答えてくれない弁護士さんがいます。

そうではなく、「あなたが親権を取るのは難しいと思いますが、面会交流という方法でお子さんとの関係を継続することはできますよ。」とか「この場合、慰謝料を取るのは難しいとは思いますが、『慰謝料をほしいくらいの気持ちだ』というのを相手に伝えることは大切ですよ。」などと言ってくれる弁護士さんに依頼しましょう。

   4 まとめ 

離婚を考える際、「弁護士を依頼するかどうか」、「どんな弁護士に依頼するか」、によって結果が大きく左右されることがあります。なので、とても大切な検討事項です。
しかし、忘れてはいけないのは、決して人任せにはしてはいけないことです。人任せにすると、思ったような結果にならない場合、その人のせいにしてしまいたくなります。しかし、そんなことでは、いつまでも納得いかず、離婚を乗り越えて次のステップを踏み出すことができません。同じ結果が出たとしても、「自分で出した結果だから」と納得できるのと、「〇〇のせいでこうなった。」と不満を抱えてままでいるのとでは大きな違いです。

どんな弁護士さんに頼んだとしても、問題に主体的に取り組み、結果を自分の責任として受け入れることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加