離婚協議書作成サポート(作成・添削)

   離婚協議書を作成するメリット
将来の争いを未然に防ぐ
離婚するには、離婚そのもののほかに、財産分与や慰謝料、お子さんがいる場合は親権者や養育費など、決めておくべきことがたくさんあります。それらのことを口約束ではなく、書面に残しておくことで、その後の争いを未然に防ぐことが期待できます。養育費の支払いが20パーセント前後と低い数値にとどまっている日本において、継続的に養育費を得るためには一定の努力や工夫が必要です。
費用や手間が抑えられるが強制執行不可  
離婚公正証書に比べ、作成のための手間や費用を抑えることができます。その反面、約束が守られなかったとしても、直接的に強制執行の手続をとることができず、調停や審判を経る必要があります。

   離婚テラスの離婚協議書作成サポートの特徴
元家庭裁判所調査官の行政書士が作成
依頼者様の協議書作成を担当するのは、離婚のプロであり法的知識が豊富な元家庭裁判所調査官です。長年の家裁勤務で蓄積した知識をもとに、将来の紛争を未然に防ぎ、お子様の福祉にも配慮した離婚協議書を作成いたします。
カウンセリング付き
納得のいく離婚協議書を作成するためには、十分なカウンセリングが必要です。また、ご相談者様のつらい気持ちや悩みも受け止めます。カウンセリングが終了する頃には、少し心が軽くなっていると思います。
お相手への説明付き  
せっかく作成した離婚協議書も、相手の納得や正確な理解がなければ台無しです。離婚協議書作成後、協議書の法的効果や記載内容の説明を電話又はメールにてお相手にご説明します。
(ご希望によります。)

   ニーズに合わせてお選びいただける2プラン  
   スタンダード       
面談にてご事情や離婚協議書に記載したい項目についておうかがいします。ゆっくり対面でご相談されたい方や「何を書けばいいか分からない。」といった方におすすめです。 

費用 5万円
契約期間 1か月
記載できる内容 制限なし
相談 1時間のカウンセリング(電話、メールでの対応も可)

   添削    
ご自身で作成した離婚協議書を添削します。「自分で書いてみたけど不安」、「専門家に過不足がないかチェックしてほしい」といった方におすすめです。記載内容については、離婚協議書記載事項例をご参考ください。

費用 1万円
契約期間 1か月
添削できる内容 制限なし
相談 メール相談可(電話/対面を希望の方は別途受け付けます。)

   ご依頼とその後の流れ
1⃣ 電話もしくは問い合わせフォームよりご相談(無料
相談者様からの聞き取りの後、当事務所のサポート内容や料金についてご説明いたします。

2⃣ お電話もしくはメールにて正式なご依頼
お電話もしくはメールにて正式なご依頼をいただいた後、初回カウンセリングの方法についてのご希望や日時についてご相談いたします。

3⃣ 初回カウンセリングと着手金のお支払い

メールもしくはお電話でのカウンセリングをご希望の方は、郵送もしくはメールで契約書等をご記入いただいた後、着手金として料金の半額の入金をお願いしております。入金を確認させていただいた後、カウンセリングにてご依頼の内容を詳細におうかがいしていきます。対面でのカウンセリングをご希望の方は、初回カウンセリング時に契約書類へのご記入と着手金のお支払いをお願いしております。

4⃣ 離婚協議書案作成と依頼者様へのご連絡
カウンセリングでおうかがいしたことを元に原案を作成し、依頼者様にご確認いただきます。修正が必要な箇所をご指摘いただき、完成を目指します。

5⃣ 残りの料金のお支払いと離婚協議書案(完成版)のご提出
離婚協議書原案の修正が終了し、ご納得いただけるものができましたら、残りの料金をご入金いただきます。ご入金を確認後、完成した離婚協議書をご提出いたします。また、ご希望があれば、お相手に対し、メールもしくはお電話にて作成した離婚協議書についてご説明をさせていただきます。

問い合わせ