家庭裁判所調査官について

家庭裁判所調査官のお仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

   カサイチョウサカンって火災調査官?

以前、友人に「カサイチョウサカンって、火事の出火元とか調査するの?」と聞かれたことがあります。 家裁調査官の仕事はそれほど有名ではないので、このような面白い間違いをされるわけです。 そこで、少し家裁調査官のお仕事を紹介したいと思います。まず、裁判所は、最高裁判所とか地方裁判所とか家庭裁判所とか、いろいろな種類がありますが、働いている人たちの職種は「裁判官」と「書記官」とよばれる人たちが主です。家裁調査官は家庭裁判所だけに配置される職種で、国家公務員総合職として位置付けられています。そして、家裁調査官のお仕事は、少年事件と家事事件の2つがあります。

   少年事件

まず、少年事件とは、14歳以上(原則)20歳未満の少年・少女たちが起こした犯罪をいいます。例えば、神戸の連続児童殺傷事件の「酒鬼薔薇聖斗」も少年事件ですし、駅に放置されていた自転車を乗って帰ったとか、バイクで暴走行為をしたというのも少年事件の対象になります。

家裁調査官は、実際に犯罪を犯した少年に会ったり、その両親や学校の先生、職場の雇い主等に会ったりしながら、少年がなぜ犯罪行為をするに至ったかを考え、その結果、どのような処分(保護観察とか、少年院収容とか)がいいかを考えるお仕事です。

もちろん、決めるのは裁判官ですので、家裁調査官のお仕事は、調査によって明らかになったことと処分に対する意見を裁判官に提出することです。

   家事事件

家事事件は種類が多く、少年事件のように一言では説明できません。 離婚やそれにまつわるさまざまな問題(慰謝料、財産分与、親権者、養育費、面会交流などなど)、遺産分割などの相続の問題、成年後見制度といって、認知症などで判断能力が落ちたお年寄りを保護する制度、 と範囲は広いのですが、このような家事事件について調査をしたり、調停に立ち会ったするのが、家事係調査官のお仕事です。

離婚案件についていえば、親権でもめているときなどにお子さんの生活状況を調査したり、面会交流に対するお子さんの気持ちを聞いたりします。また、精神的に不安定だったり、「自分でもどうしたらいいか分からない。」といった人から話を聞き、調停の進行に役立てたりもします。また、「子どもが精神的に不安定だから父親(母親)には会わせられない。」なんていう主張がされた場合は、子どもの主治医に話を聞きに行ったりもします。かかわり方は様々ですが、離婚案件につき、当事者双方の話し合いだけでは解決しそうにない場合、特にお子さんのことが問題になっている場合に調査や調停・審判への出席という形でかかわるのが調査官のお仕事です。

興味のある方は最高裁判所のHPでの家庭裁判所調査官の紹介ページパンフレットをご覧になってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加