離婚相談

自分で離婚準備ができる離婚カウンセリング本のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先日、離婚カウンセリングを受けに来られた方が「この本を見ながらカウンセリングを受けてもいいですか。」と言ってある本を取り出されました。それがこの本です。

私も少し中を見させてもらいましたが、とてもよく考えられた内容になっていたので、後日、早速自分でも購入してみました。今日は、この本を話題にしつつ、離婚カウンセリングや法律相談について考えてみたいと思います。

   1 離婚の答えが出るノート

著者はフラクタル法律事務所という弁護士事務所の弁護士さん2名です。そのうちの1名は田村勇人さんという方で、どうやら著名な方なようです。テレビなどメディア露出の多い方で、離婚問題等のコメンテーターとして出演されているそうです。

で、この本のサブタイトルが「離婚の答えが出るノート」です。とても魅力的なタイトルですよね。離婚にはいろいろな問題や悩みがあるけれど、それに答えが出るなら素晴らしいことです。また、「離婚弁護士による法律相談の全てを凝縮した一冊」とも書いてあります。きっと著者が日頃行っている法律相談のノウハウや質問事項が詰まっているのでしょう。そして、この本の特徴は、単に書いてある文書を読むだけではなく、自分で書き込むノート形式になっているところです。では、早速中身をご紹介していきましょう。

   2 まずは自分の気持ちを見極める

この本のタイトルが「離婚カウンセリング」たる所以はここにあるのかもしれません。著書の冒頭は、法律的なことや財産分与が云々ではなく、まずは自分の気持ちをよく考えましょうというスタンスから始まっています。自分や相手のプロフィールや出会ったきっかけ、結婚のきっかけ、夫婦不和のきっかけなど、その人個人や夫婦として歩んできた過去を振り返られるようになっています。そして、相手のいいところや悪いところ書いたり、では自分はどうかと自問する質問があったりと、それぞれの性格や特徴を考える質問が続きます。そして、「ほんとうに離婚したいのか」「悪いのは相手だけか」「まだ修復の可能性はあるか」といったことを問い掛けるような構成になっています。

   3 離婚を決意したら個別の条件面を検討

そして、やっぱり離婚という結論になれば、各論です。財産分与、慰謝料、親権など、それぞれの離婚条件について基本的な考え方や資料が添付されています。そして、実際に通帳や不動産、保険類を書き出す欄があったりします。この本のいいところは、一般的な知識を自分の状況に当てはめながら考えられるようになっているところではないでしょうか。

そして、総論として大切なこともいくつも書かれています。例えば、法律相談は離婚を決めてからではなく、できれば迷っている段階で受けた方がいいと書かれています。というのも、自分が可能だと考えている離婚条件と現実的に可能な条件に大きな開きがあり、法律相談に行った結果、「こんなんでは離婚できない!」とならないためです。例えば、養育費一つとっても、「このぐらいもらえるのではないか」と思っている金額と実際の金額には大きな開きがあることが多く、離婚の前提となる将来の経済的基盤が崩れてしまうことがあるからです。

また、実際の離婚届のひな形や養育費の算定表も資料としてつけられていて一つ一つネットで検索しながら調べていくのに比べたら随分効率がいいと思いました。

   4 実際にこの本を利用してみて思ったこと

話を元に戻しますと、法律相談にあたる部分は話題にできないとことわった上で、相談者が希望されたとおり、この本を利用してカウンセリングを実施しました。

実際に使用してみて思ったことをいくつか書きたいと思います。

まずは、書くのが苦手な人には難しいかもしれないということです。気持ちを聞く部分は、簡単なチェック方式の部分もあれば、自由記載の箇所もあったりと大変工夫されているのですが、やはり、離婚を考えるに至った気持ちや、もやもやしな悩みを数行の文章にするのはとても難しい作業だと思いました。また、経済的なことを記載する部分も、簡単には書けない内容も多いように思いました。いろんなものを調べながら、自分のたちの財産を洗い出し、例示された式に当てはめて計算していく作業に挫折してしまう人もいるでしょう。

そして、同時に離婚カウンセリングの意義もここにあるのではないかと思いました。一組の夫婦の歴史はとても複雑に絡み合っています。また、自分たちのことだからこそ、気付かないことや分からないことがあったりします。複雑に絡み合った感情を解きほぐし、気付きを得てもらうような質問を重ね、相談者と寄り添いつつ一緒に考えることこそが離婚カウンセリングなんだと改めて気付かされました。

また、このような離婚カウンセリング的な聞き方ができて、なおかつ法律相談も受けられる離婚弁護士に出会うことこそが、幸せな離婚への近道なのだとも思いました。

何はともあれ、この本は他の離婚ハウツー本と比べてとても実用的ですし、また、知識として書かれている内容も偏っておらず、良質な情報が書かれていると思います。なにより、あとがきに書かれている著者らの言葉はとても素晴らしいです。値段も1200円と比較的お手頃ですので、ご興味のある方はぜひ手にとってみてください。

離婚カウンセリングにご興味のある方は、こちらも参考にしてみてください。

離婚カウンセリングをおすすめする4つの理由

離婚カウンセリングと法律相談の違い

離婚カウンセリングは道案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る